viagra online buy cialis online viagra Viagra Online Without Prescription buy cialis online viagracialis viagra online without prescription accutane

人材を育てるということは企業に於いてはとても重要なもので、人を育てることが出来ない企業はいつまでたっても狙い通りの仕事の成果を上げることは難しいものです。そして、人材を育てることができない企業は、結局外部から優秀な人材を入れ会社を成長させていくという手法を取りがちです。
これは企業としては良い手法なのかもしれませんが、企業の社員にとっては上層部への不満が募るということも考えられます。ですから、出来るだけ人材を育てることに注力するべきかもしれません。今実際に部下をお持ちの方であれば、その部下をどのように育てるかで自分の抱えている仕事量を減らすることもできます。
要はは考え方であり、自分の部下を成長させ自分が少しでも楽に仕事が出来るように考えるということも必要でしょう。
例えば、仕事を割り振る時には自分が行うべき仕事のウェートを軽くし、部下の仕事のウェートを重くして任せるようにします。
そうすると、部下は重要な仕事を任せられたことにより、プレッシャーを感じながらもその仕事を全うしようと頑張る筈です。
しかし、初めての仕事を任された場合などは、その仕事が上手く進まなかったり途中で挫折してしまうこともあるかもしれません。
その時はきっと上司に質問をしてくるはずです。
この時に、簡単に答えを教えてしまっては部下の成長になりません。
ここできちんとディスカッションを行うことが何よりも大切であり、具体的に仕事を任されてから何をしてきたのか、どういうプランで仕事を進め今現在何が問題でつまずいているのかというようなことを具体的に突き詰めて問題点を洗い出しましょう。
その上で今後どうしたら良いのかということのアドバイスを与えることが大切です。あくまでもアドバイスであって答えではありません。答えを出してしまうと、その部下はその通りにしか行動しなくなりそれ以上の行動はなかなかしてくれませんから、それ以上のパフォーマンスを期待できるようにアドバイスだけに留めておく方が良いでしょう。

 

Archives